FC2ブログ

    補修屋.jp今月の作業

    http://補修屋.jp/が提供している、毎月の施工例の紹介です。

    スポンサーサイト 

     

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    △top

    外壁補修 

     

    今回の現場は新築物件の外壁です。
    離れた写真がなく少し分かりにくいですが
    場所は玄関横の外壁で写真に写ってる外灯へ繋がる電気の線を空け間違えた様で
    元々は直径10ミリ程の穴が空いていましたが
    穴の周囲6~9ブロックを切り張りした際の継ぎ目とビス穴を消して欲しいとのご依頼でした。

    DSC_0847_convert_20121203143802.jpg

    同様の箇所がもう一箇所ありました。

    DSC_0846_convert_20121203143732.jpg

    まずは継ぎ目、ビス穴を硬質のパテを使いしっかりと充填していきます。
    その後、外壁の凹凸に合わせペーパーやすりなど使用し
    丁寧に成形していきますが、今回この作業に最も時間がかかりました。

    DSC_0848_convert_20121203143832.jpg

    次に、パテ埋め箇所や研磨により下地の見えてしまっている部分を中心に
    筆を使用し同系色の塗料で荒く下塗りします。これにより外壁表面のボコボコ感を再現し
    最後に吹きつけ塗装を行い周辺の外壁と違和感なく馴染ませていき完成です。

    DSC_0849_convert_20121203143857.jpg

    もう一箇所も同様の工程で仕上げました。

    DSC_0850_convert_20121203143951.jpg

    元々、間違えて空けた穴が一箇所ずつということを考えると
    そのまま補修させていただいた方が短時間で綺麗に仕上がった気もしますが
    今回のケースでも、ほぼ分からないくらいに仕上がり
    先方業者さまにも喜んでいただけました。
    スポンサーサイト

    category: 石、人工大理石、外壁

    tb: 0   cm: 0

    △top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。