FC2ブログ

    補修屋.jp今月の作業

    http://補修屋.jp/が提供している、毎月の施工例の紹介です。

    スポンサーサイト 

     

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    △top

    フロアーテープ跡補修 

     

    今回の現場は、築50年程の一軒家を一部リフォーム後に養生シートを剥がす際に
    テープと一緒にフロアーの塗装も剥がれてしまった様で大きくL形に2ヶ所、色が抜けてしまっておりました。

    DSC_0826_convert_20121112153355.jpg

    既存物件の場合、長年の紫外線の影響や経年変化により元々の塗料の密着が弱まり
    養生テープなどで簡単に塗装が剥がれてしまう事がよくあります。

    DSC_0824_convert_20121112153311.jpg

    上がり框付近で20~30cm、玄関廊下の箇所で40~50cmと大きく剥離してましたので
    まずはペーパーやすりにて剥離部分と既存部分の段差を無くし、

    DSC_0827_convert_20121112153509.jpg

    細筆を使用し同系色の塗料で細かく色を入れていき何度も塗り重ねていきます。
    同時に大きなキズも補修していきますが、気にならない程度の小キズは既存物件の質感に合わせ残します。

    DSC_0831_convert_20121112153641.jpg


    DSC_0834_convert_20121112153738.jpg

    色合わせが終わると、
    最後に玄関廊下には床用ワックス、上がり框踏み台にはクリアラッカーにてツヤ合わせを行い完成です。

    こういったある程度年数を経た既存物件の場合、施主さまと相談させていただいた上で
    周囲の質感・使用感に合わせどの様な仕上がりに持っていくのかという事も
    可能ですのでぜひご相談下さい。

    DSC_0833_convert_20121112153710.jpg
    スポンサーサイト

    category: 木部(木枠、床、集成材、プリント合板等)

    tb: 0   cm: 0

    △top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。