FC2ブログ

    補修屋.jp今月の作業

    http://補修屋.jp/が提供している、毎月の施工例の紹介です。

    スポンサーサイト 

     

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    △top

    3月 リビング下枠 

     

    今日は新築マンションの現場です。
    リビングからバルコニーに出る所の下枠で角が大きくカケてしまっています。(約12~13cm) 
    上からシートを張るとの事なので、今回はシートを張った時に違和感が出ないように下地処理を行います。

    2
    3

    このような場合は凹んでる部分にパテを充填し、面出し【※1】を行うのですが
    まずその前に、キズのまわりにあるバリ【※2】をサンドペーパーで削って滑らかにしていきます。
    パテを充填するので、くっ付きが良くなる様に表面を足付け【※3】する意味もあります。
    ペーパー後、キズのまわりを手で触ってみて、引っ掛からなければO.Kです。

    ※1充填して盛り上がった部分にサンドペーパーを使い平らにする作業
    ※2衝撃を受けた際にできる傷やへこみの周辺に出来た盛り上がり
    ※3表面をワザと荒らして塗料やパテを付きやすくする作業



    6

    その後キズの部分より少し広めにパテを充填します。

    8

    パテ充填後、当て木を使って再度サンドペーパーで面出しをしていきます。
    始めは番手の粗いサンドペーパーで削っていって、徐々に細かい番手で仕上げます。

    9
    10

    手で触ってまわりの面との違和感がなくなれば、面出し完了です。
    今回は上からシートを張るとの事でしたので下地処理のみでしたが、下地処理後に塗装にて仕上げる事も可能です。
    このような場合は補修屋に一度ご相談下さい。


    スポンサーサイト

    category: 木部(木枠、床、集成材、プリント合板等)

    tb: 0   cm: 0

    △top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。